老眼に効くサプリ!スマホ老眼にも!

老眼サプリスマホ老眼

老眼とストレス

 

 

実はストレスには、老眼を一層速く進行させてしまうという面があります。老眼とストレスは一見遠いように感じるかもしれませんが、実は密接な関係があるのです。簡単に説明しますと、ストレスのある状態だと、目のピント調節を支える毛様体筋という筋肉の働きが通常より低下しているそうです。これってつまり、老眼の症状なのです。

 

ですから、老眼はストレス状態が続くことで、毛様体筋の働きをより悪くし、結果的に進行すると言ってしまっても間違いではありません。このようにストレスによって老眼が進む原因は、自分ではコントロールすることができない自律神経と呼ばれる部分によって引き起こされます。自律神経というのは、交感神経と副交感神経という二つの神経に分けられますが、交感神経は、脳や体を活動的にさせ、日中に優位に立つように働きます。

 

一方の副交感神経は、脳や体をリラックスさせる神経で、基本的に夜から朝にかけて優位に立つようになっています。この二つの神経は、同時には働かず、その時々の状況に応じて、交互にどちらか一方が優位に働いて、体の機能をバランス良く保っているのです。ですがストレスがある状態になると、交感神経が優位に働くようになって、副交感神経が抑制されるようになります。この状況が長く続くと体や脳は常に緊張状態を強いられるため、当然、目にも疲れや他の形で影響が出てきてしまうのです。

 

つまりストレスは、この交感神経と副交感神経のバランスを狂わせてしまい、こうしたアンバランスな状態が目のピント調節をつかさどる毛様体筋の働きを低下させてしまっているいるのです。このような理由があるので、老眼は老化だけでなく、ストレスによっても進むと言っていいわけです。

 

老眼に限らず、ストレスは体全体を老化させるという話は美容や健康の分野ではずっと言われていますし、医学的に考えても病気の原因になっています。ストレス社会といわれる現代ではありますが、老眼の進行を抑えるためにも、できるだけ日頃からストレス解消、ストレスをためこまない生活を心がけたいものです。

 

老眼と明るさ

 

老眼になってくると、目に見える景色の明るさが何かしら変わってきたと感じる人が多いそうです。その感じたことは実は間違いではなく、目に入ってくる光量が変わってくるので、認識できている明るさは確かに変わっています。そして実際、老眼が進むと物の見えやすさは明るさに大きく影響されるようになります。

 

たとえば、若い人なら夕方に少しくらい暗くなっても、気にせず夢中で読書することも可能ですが、老眼になる年代になると、読書などは明るさが気になり、夕方少しでも暗くなると電気をつけたくなるものなのです。もちろん、暗いところが目に悪いというのは若い人も老眼の人も同じです。

 

老眼によるこうした現象は、加齢とともに、視界が自然と暗く感じるようになるからです。そしてその原因は、明るさに影響を与える水晶体が濁ってしまう白内障の進行や、瞳孔の開く大きさが、老眼が起こる年代になると若いころと比較して小さくなることなどが挙げられます。もう一つ忘れてはならない要因がロドプシンという成分です。

 

ロドプシンは、目の一番奥にある網膜の部分で、ものを見る働きを支えている視細胞に含まれる紫色の成分です。老眼の進む年代では、ものが明るく見えるために必要な、このロドプシンという成分が減少してしまっているのです。そして、減少しているだけではなく、その必要なロドプシンの再生成のスピードが衰えてしまっているため、さらにものが見えにくくなっている、というわけです。

 

ですから、老眼対策のひとつとしては、目の老化や老眼の進む年代の方は、少し光を明るくして生活をしていくのが効果があると考えられています。一般的に、60歳代の、老眼の進む年代で必要な明るさは、20歳代を1としたとき、約3倍程度の照度にした時に網膜に達する光量が同じになるそうです。

 

そう考えると大変そうですが、部屋全体を3倍もの明るさにする必要はありません。たとえば全体の照度を1.5倍程度にしておいたら、後は読書をするなど必要な際には手元に電気スタンドなどを追加して明るさを補えばよいのです。意外と見落としがちなこの明るさの問題、老眼が始まってきたならば、室内や作業時の明るさにも気を遣って目をいたわってあげるようにしましょう。

 

老眼用のコンタクトレンズとは?

 

老眼鏡というのはよく知られていますが、当然ながら、実は老眼用のコンタクトレンズもあります。それが、遠近両用コンタクトレンズといわれるものです。この呼び方なら聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。老眼用にコンタクトレンズを使うということは、つまりは遠近両用レンズを求めることになります。

 

この遠近両用のレンズは、各メーカーから様々な商品が出ているため、視力の状況や経済状況と相談しながら選んでみるようにしてください。とはいえ、コンタクトはメガネよりも疲れると言ったりするし、ましてや老眼用ならと考える人もいるでしょうし、逆にコンタクトレンズなら老眼におすすめのサプリメントだということが周囲にわからないと考える人もいるでしょう。

 

参考として、そのメリットとデメリットについていくつか紹介することにしましょう。遠近両用のコンタクトを使用するメリットは、老眼鏡と違って利用目的によって使い分ける必要がないという簡便さにあります。これは、一つのコンタクトで多用に使いまわしができるということで、経済的です。

 

老眼鏡ですと、読書用、パソコン用、映画用など、その見る距離や対象によって老眼鏡を使い分ける必要があるので少々面倒ですが、これがひとつで済んでしまうのです。しかし、一方で、遠近両用コンタクトレンズは老眼鏡と比較すると、買い替え時期が頻繁に訪れるというのがデメリットです。

 

遠近両用のコンタクトは特別仕様ですから、通常のコンタクトよりも単価としては高価になってしまいます。高価なレンズで、使い捨てにもできないとなると、経済事情から使用をあきらめてしまう人もいるようです。また、交換が必要な時期にケチって交換しないで、使用期限よりも長期間使用してしまうという人もいます。

 

これはかえって眼にストレスを与えてしまい、せっかくの遠近両用コンタクトを使い始めた意味がありません。デメリットを減らしてメリットを享受することが大事ですから、簡単に言うならば、質の良い遠近両用コンタクトをより安く購入できるお店を見つけることができれば、遠近両用コンタクトレンズのメリットを最大に受けることができます。

 

もしくは、高価な遠近両用のコンタクトレンズは使用シーンを限定して、その他の場面では経済的な老眼鏡だけを利用するという方法もひとつあるかと思います。遠近両用コンタクトレンズは非常に便利ですので、うまく利用することができれば、老眼から来る生活上の、社会的なストレスを軽減させてくれますので、メリットデメリットをわかって使用するようにしましょう。

更新履歴

メニュー